成績を着実にUPできる家庭教師の指導方法

ウーマン

時間や身だしなみも大切

婦人

言葉遣いや服装に注意

面接は、学歴や職歴、志望動機などの前に、面接会場に着いたその時から、マナーなど面接官の厳しいチェックは始まっています。第一印象はとても重要で、到着時間に遅れたりするのは問題外とされてしまう場合も少なくはなく、電車などの遅延による場合など事情がある場合には必ず遅れることを連絡する必要があります。また、逆にあまり早くに会場に着き過ぎて会場をウロウロしているのもマナーが悪いという印象を与えてしまう場合があります。なるべく面接時間の十数分程度前ぐらいに会場入りするよう心がけます。面接室に入る際、入る前も関係者の方と目があった場合はきちんと挨拶をします。声は大き過ぎず、小さ過ぎず、はきはきと話すようにします。マナーや挨拶と同時に仕草なども見られることが多く、また、服装、見出しなみも重要なポイントになってきます。例えばシャツにシワやシミがついていたり、寝癖やフケなど清潔感に欠ける部分は大きなマイナス要素とされますので注意が必要です。新卒で初めての就職の場合と中途採用の場合でも少し対応は変わります。初めての場合には許される範囲のものでも、社会人経験のある中途採用者には厳しい判定をくだす場合もあります。面接時は相手の目を見て、早口になったり遅くなりすぎたりしないよう話し方のテンポに注意するほか、姿勢や不自然にならない程度の笑顔などにも気を配り挑むのがベストです。マナーと清潔感が重要視される飲食店では始めの第一印象だけで不採用となる場合もありますので、総合的に前日までに確認し、リラックスして面接に行くように心がけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加